大幸紙工だからできること

大幸紙工は、昭和45年の創業以来、紙・ダンボール製の梱包資材をメインに製造・販売を行ってまいりました。長年の実績で培った技術を集結させ、誕生したのがダンボールパレットです。従来品よりも格段に優れた強度と利便性を持ち、低コストでのご提供を実現しています。

設計力に自信あり

これまで数多くのオーダーメイドのご依頼にお応えするなかで、独自の技術・ノウハウを培ってまいりました。そのため、どのような複雑な形状でもご要望どおりに仕上げることが可能です。その設計力は、大手物流業者様やメーカー様からも高く評価していただいているだけでなく、同業者からも相談・依頼を受けるほど。他社には負けない設計力があると自負しています。

ノウハウを活かしたスピード

長年の製造実績で培った技術・ノウハウを生かして、スピーディーな設計・製造を実現しています。オーダーのご依頼時には、数ある設計モデルのなかから貴社の仕様に類似した物をピックアップし、ブラッシュアップして仕上げます。そのため、一からのオーダーメイドよりも短期間での設計・製造が可能です。

製品作りへの情熱

当社社員は、企業様の期待にお応えできる製品開発のために、日々意欲を持って研究・開発に努めています。自社内でダンボールを用いたあらゆる製品開発を行う「段Boysプロジェクト」など、ダンボールのあらゆる可能性を信じて製品作りに励んでいます。

ダンボールで社会貢献

被災者支援の一環として、当社では、ダンボールシェルターを工学院大学と共同開発しています。ダンボールシェルターとは、被災者のプライバシーを守り、保温性を確保したダンボール製の箱・パーテーションのこと。誰でも簡単に組み立てられ、寝室や更衣室、簡易トイレなどあらゆる用途に使用できます。平成23年には、東北復興のための展示会「 “よい仕事おこし”フェア」に出展し、数多くの来場者から高く評価していただきました。

Web限定キャンペーン実施中!

お見積り・資料請求 24h受付中